公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  5:非常に厳しい > 国家公務員一種 難易度

国家公務員一種 難易度

国家公務員一種の難易度は当然5です。

特に、試験区分の「行政」は100倍を超える異常な倍率の試験です。

5000人受験して50人程度だと思っておいてください。

優秀な受験生が受験する国家公務員一種試験で100倍ですから、当然難易度も高いです。

その国家公務員1種試験は、国家公務員総合職試験に名称が変更しました。24年度から新試験が施行されます。

難易度は変わりませんが、試験形態に若干の差異が今後出てくるかもしれません。

試験区分「行政」は当然難易度5の上です。

国家公務員一種の「行政」は、現在、国家最難関の試験だと思っておいてください。

試験区分「行政」に合格し採用されれば、将来は間違いなく、エリート中のエリートの道が約束されることでしょう。

将来、行政トップの事務次官になれる可能性もあります。

もっとも、「行政」に合格できなくても「法律」や「経済」でもキャリア官僚には変わりありません。

優秀な受験生の中で、しかも100倍の異常な試験を目指すより、8〜15倍程度の「法律」や「経済」を狙った方が確実です。

以下では、確実に「法律」や「経済」の国家一種試験に合格するの方法については詳しく解説します。

もちろん、勇敢に「行政」を目指す方の対策についてもご紹介します。

国家公務員一種「行政」以外の「法律」や「経済」なら対策次第で天才的な頭脳がなくても可能です。
関連コンテンツ

国家公務員試験総合職(旧国家1種試験) 難易度

国家公務員試験総合職はとても難しい試験です。難易度は当然5になります。公務員試験でも外務公務員(外交官)、裁判所事務官試験などに次いで難易度の高い試験になります。 応募条件は21歳から30歳です・・・

家庭裁判所調査官 難易度

家裁調査官?種 難易度 家裁調査官?種の難易度は5です。 家裁調査官?種の最近の倍率を示していきます。 平成23年度:申請者数1172、受験者数858、1次合格者数311、最終合格数・・・