公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  5:非常に厳しい > 家庭裁判所調査官 難易度

家庭裁判所調査官 難易度

家裁調査官?種 難易度

家裁調査官?種の難易度は5です。

家裁調査官?種の最近の倍率を示していきます。

平成23年度:申請者数1172、受験者数858、1次合格者数311、最終合格数70倍率12.3倍

平成22年度:申請者数1318、受験者数971、1次合格者数286、最終合格数69倍率14.1倍

難易度の高い試験であることは間違いありません。さらに筆記試験の全受験生の平均点が22年度が40点満点中13点台後半とかなり低いです。23年は18点まで持ち直しましたが、それでもかなり難しいといえます。

しかもこの家庭裁判所調査官?種を受けている人が、少し前の明、中、青学クラスだったのが、今は東、早、慶クラスとランクが上がっているようです。このクラスの受験生が受けても、この点数ですから、いかに難易度が高い試験であるのかということが容易に想像できます。

これもこの家庭裁判所調査官?種試験をより難しくしている一因ともいえるでしょう。

家庭裁判所調査官の仕事は、夫婦や親族間の争いなどの家庭に関する問題を家事審判や家事調停、人事訴訟などによって解決するほか、非行を犯した少年について処分を決定していきます。法律的な解決を図るだけでなく、事件の背後にある人間関係や環境を考慮した解決が求められます。

家庭裁判所調査官は、また離婚、親権者の指定・変更等の紛争当事者や事件送致された少年およびその保護者を調査し、紛争の原因や少年が非行に至った動機、生育暦、生活環境等を調査します。

社会環境の変化、経済情勢の変動および価値観の多様化等によってますます増大する司法へのニーズに的確に対応し、適性迅速な裁判を行うため、裁判所事務官は様々な部署で活躍しています。よって家裁調査官のニーズや将来性は高いといえます。

家庭裁判所調査官になるには、まず家庭裁判所調査官補採用試験に合格後、裁判所職員総合研修所に入所し、約2年間の研修を受ける必要があります。

少々難易度が高かろうが、多少費用がかかろうが、民間企業ではありえない高待遇を受ける家裁調査官になれるのですから、ここは頑張りましょう!

このチャンスは20代、それも前半だけです。チャンスを逃せば一生後悔することになります。悔いのないようにがんばってください。

家裁調査官試験補は1次試験と2次試験に分かれます。
1次試験は教養試験と専門試験です。

教養試験は一般的知識及び能力についての筆記試験の40題の択一式です。時間は150分です。 配点は900点のうちで100点。

専門試験は、専門的知識及び能力についての筆記試験6題があります。やはり時間は150分間です。配点は900点のうちで150点。

心理、社会、福祉、教育の4分野から任意の1分野を選択解答します。
心理:心理学6題又は心理学3題・法律学3題

社会:社会学6題又は社会学3題・法律学3題

福祉:社会福祉学6題又は社会福祉学3題・法律学3題

教育:教育学6題又は教育学3題・法律学3題

法律学3題は憲民刑の法律基本3科目を1問ずつです。

2次試験は論文試験と専門の記述式試験と面接試験です。
論文試験はある課題に対する識見,判断力及び理解力、論理力についての試験です。
試験時間は60分で配点は900点のうちで50点。

専門の記述式試験は専門的知識及び理論の応用能力についての筆記試験で、心理学、社会学、民法などの15科目のうちで任意の2科目を選択します。
試験時間は120分で配点は900点のうちで150点満点です。

面接試験は個別面接で人物能力を問う試験です。
これが一番配点が高く900点満点のうちで450点と公表されています。

どちらかといえば、家裁調査官は試験形式からも2次試験勝負です。

ただ1次試験でも3分の2が落ちてしまうので、けっこう厳しい試験です。

筆記試験の範囲も広く、内容も密度ある試験が課されます。

資格試験学校で徹底して勉強する必要があります。

また人物も重視される試験ですので、面接対策も必要です。というか仕事がら人物が重要視されているのかもしれません。

最終合格して採用されると、2年の法律研修を経て、晴れて家裁調査官となることができ、それぞれの部署に配属されます。

国家公務員の中でも、家裁調査官はなかなかの待遇を得られる職業なので、倍率はなかなかあり難しいですが、ぜひ合格を勝ち取ってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

国家公務員試験総合職(旧国家1種試験) 難易度

国家公務員試験総合職はとても難しい試験です。難易度は当然5になります。公務員試験でも外務公務員(外交官)、裁判所事務官試験などに次いで難易度の高い試験になります。 応募条件は21歳から30歳です・・・

国家公務員一種 難易度

国家公務員一種の難易度は当然5です。 特に、試験区分の「行政」は100倍を超える異常な倍率の試験です。 5000人受験して50人程度だと思っておいてください。 優秀な受験生が受験する・・・