公務員 難易度のTOPに戻る

地方上級 難易度

地方上級試験の難易度は4です。

難易度4と言えば、国家2種試験や国税専門官試験などの難易度と同じですが、一般的に地方上級の難易度の方が国家2種や国税専門官の難易度より高いと言われています。

難易度を比較してみると。地方上級>国家2種=国税専門官です。

もっとも、地方上級試験は、国家2種試験のような統一された試験ではなく、各地方により異なる試験なので、難易度や試験内容等について一概には言えません。

年によっては一切採用をしない県や市町村もあります。

なので、地方上級を第一希望にされる受験生は、国家2種レベルの勉強+各地方の特殊性を考慮した勉強+採用情報入手をしっかりやっておいてください。

当サイトでは、地方上級を受験される方には、国家2種との併願をおすすめしています。

なぜなら、地方上級試験と国家2種試験の内容はほとんど重なっていますし、地方上級は国家2より計算できない要素もあるからです。

まずは、確実に国家2種試験に合格する力を付けながら、プラスα地方上級試験対策をすると良いでしょう。

国家2種を確保しつつ地方上級に挑戦するというのが賢明な公務員試験戦略です。

なお、地方上級とは大きく分けると一般事務系と技術系に分かれますが、地方上級の技術職は、ほとんど採用がないので、当サイトの地方上級とは一般事務系のことを意味します。

当サイトでは、国家2種を確実に狙う勉強をしなばら、地方上級の特殊性を考慮した勉強をして、ダブル合格を目指すことをおすすめします。

国家2種試験と地方上級試験の内容

国家2種試験の内容

1次試験⇒教養試験・専門試験(多肢選択式)、論文試験(小論文)

専門試験の科目⇒政治学、行政学、憲法、行政法、民法、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経済事情、経営学、国際関係、社会学、心理学、教育学、英語

2次試験⇒人物試験(個別面接)

地方上級試験(各地方によって異なります)

東京都1類を例にします。

1次試験⇒教養試験・専門試験?(多肢選択式)、専門試験?(記述式)、論文

専門試験?の科目⇒憲法、行政法、民法、経済理論、経済政策、財政学、政治学、行政学、社会学、法律、経済、政治社会事情

専門試験?の科目⇒憲法、行政法、財政学、政治学、社会学

2次試験・3次試験⇒口述試験(個別面接)

地方上級試験の内容は、地方によって異なりますが、基本は国家2種試験と異なりません。

国家2種試験の勉強を万全にしておけば、8割以上地方上級試験対策も終了しているといっても良いでしょう。

国家2種試験+その地方の特殊性=地方上級試験だと思ってよいです。

なので、地方上級試験だけしか受験しないのは、非常にもったいないです。

もし、地方上級試験に高得点を取って名簿に上位で載っても、その年にたまたま採用人数が少なく採用されなかったら、せっかく高得点をとっても水の泡になってしまいます。

地方上級の試験で高得点を取る優秀な受験生は、国家2種試験なら合格し採用される可能性は高いです。

また、国家2種は、最近、採用数を増やしつつあるので、狙い目の公務員試験のひとつです。

受験料も無料なので、受験しない手はありません。

私立大学の受験料(1大学約35000円程度)を考えると、無料で受験できる国家2種がいかに恵まれているか分かるでしょう。

なので、地方上級と国家2種は併願しておきましょう。

では、どうやって地方上級と国家2種を両方勉強していくか?

ズバリ!毎年多数の国家2種試験と地方上級試験をダブル合格させている学校の講座で徹底的に勉強することです。

そうすることにより、国家2種試験の対策は万全になり、地方上級試験の対策は、8〜9割以上終了します。

あとは、その地方の試験に合わせた試験対策を少々することにより、ダブル合格も見えてきます。

国家2種試験の対策を万全にすることにより、地方上級試験の基礎をほとんど網羅できるので、さほど苦労せずに地方上級試験対策ができることでしょう。

難易度は、地方上級>国家2種ですが、基本となる対策はほとんど変わりません。

毎年多数の国家2種試験と地方上級試験をダブル合格させている学校の講座とは?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

鹿児島市 採用試験 難易度

鹿児島市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・土木・電機・建築・機械・化学・農業などの募集がありますが、いずれも4にしておきます。かなり厳しい試験になると思われます。 鹿児島市役所の所在・・・

熊本市 採用試験 難易度

熊本市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・福祉・土木・建築・電気・化学・心理は4、心理・保健師・消防は3にしておきます。ただ多くの職種は倍率が10近くあるようですので、決して安心はできません・・・

宮崎市 採用試験 難易度

宮崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・法律・土木・建築・電機・機械・化学は4、保健師・看護師は3となっています。そこそこの倍率のある試験が多く、簡単な試験とはいえません。 宮崎市役・・・

大分市 採用試験 難易度

大分市の大卒程度公務員採用試験の難易度は行政事務が4となっています。また土木や建築なども4、そして管理栄養士・獣医師・幼稚園教員・消防士・などは3にしておきます。行政事務の倍率はそうでもないのですが、・・・

財務専門官 難易度 

財務専門官の難易度は4にします。倍率が12倍程度となっていますので、初年度の倍率が20倍以上あったところから比較すると少し下がりましたので、多少は合格しやすくなりました。 財務専門官は財政や金融・・・

高知市 採用試験 難易度 

高知市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4です。大卒行政事務試験の難易度となっています。土木や建築・機械・電気・化学・労務・保健師・獣医師なども難易度は4となっています。 高知市役所の所在地は、・・・

福山市 採用試験 難易度

福山市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4です。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職や薬剤師試験の難易度も4、保健師は3にしておきます。 福山市役所の所在地は、広島県福山市東桜町3番5号・・・

倉敷市 採用試験 難易度

倉敷市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。 やはり倍率も高く、簡単な試験ではありません。その他土木・建築・電気・機械・化学・薬剤師・・・

尼崎市 採用試験 難易度

尼崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。 尼崎市役所の所在地は、兵庫県尼崎市東七松町1丁目23-1、東海道本線立花駅から徒歩10・・・

大津市の採用試験の難易度

大津市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。また警察事務や環境・化学・農業・林業・土木・建築職の採用試験などがありますが、そのいずれも内容・・・

津市の採用試験の難易度

津市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職・保健師・保育士・言語聴覚士も4となっています。倍率もそこそこあるので、けっこう厳しい試験・・・

岐阜市 採用試験 難易度

岐阜市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職は4、消防士や看護師、保育士は3にしておきます。 岐阜市役所の所在地は、岐阜市今沢・・・

浜松市 採用試験 難易度

浜松市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり5段階の評価の4です。 市役所職員の上級はすべて4ということにしておきます。消防職や保育士は3ということにしておきます。上級試験の難易度は高いですよ・・・

甲府市 採用試験の難易度

甲府市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり5段階の評価の4です。事務職も技術職も医療職もすべて上級・大卒程度は4です。 行政職や法律職などの文系の公務員試験上級は大半の地域で4と考えています・・・

長野市 採用試験 難易度

長野市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり4というところです。事務職も技術職も医療職もすべて上級・大卒程度は4です。 4は4でも相対評価の4ですので、厳しいのではないかと思っています。公務員・・・

つくば市 採用試験 難易度

つくば市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価で、やはり事務系も技術系も4という程度でしょうか。 4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。公務員試験上級は大・・・

福井市 採用試験 難易度

福井市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系4という程度でしょうか。 4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。 福井市の採用試・・・

国家公務員試験一般職(旧国家2種試験) 難易度

国家公務員一般職(旧国家2種試験)の難易度はやはり4です。 難易度は以前からの4で変わらないですが、公務員志向の学生がますます増えているのと、国家公務員の募集が今後横ばいか減るかという感じなので・・・

国税専門官 難易度

国税専門官 難易度 国税専門官の難易度は4です。国税専門官の難易度はほぼ国家2種の難易度と同じぐらいです。難易度を比較してみると、地方上級>国家2種=国税専門官という感じです。 近年、国税・・・

自衛官幹部候補生 難易度

自衛官幹部候補生の難易度はいったいどれくらいか? 自衛官幹部候補生の難易度は5段階評価のうちで4というところでしょう。 募集人数は一般男子陸で150名、海で70名、空で70名、一般女子の陸・・・


「地方上級 難易度」のトップへ↑
「公務員 難易度」のトップへ↑