公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  4:甘くない  > 国家公務員試験一般職(旧国家2種試験) 難易度

国家公務員試験一般職(旧国家2種試験) 難易度

国家公務員一般職(旧国家2種試験)の難易度はやはり4です。

難易度は以前からの4で変わらないですが、公務員志向の学生がますます増えているのと、国家公務員の募集が今後横ばいか減るかという感じなので、倍率自体は上がります。10倍以上の試験になることは確実といえます。

ですので、最低でも以前の先輩の行ってきた勉強+αのことをしなければ、合格はまずできません。そのための対策は下記にあります。

国家公務員試験は総合職(旧1種)試験と一般職大卒(旧2種)と一般職高卒(3種)に分かれます。ここでは旧2種試験のことを書いていきます。

まず応募対象は21歳以上30歳未満の者となっています。旧2種試験は28歳までとなっていたので、一応は制限が上がりました。ただ倍率が高いので、可能な限り大学4年・卒1くらいで合格できないと、なかなか公務員の扉を開けるのは難しくなります。

試験概要は1次試験が基礎能力試験(全員)、一般論文試験(行政)および専門筆記試験(技術)、専門試験択一(全員)となっています。2次試験は面接のみ(1次試験をクリアした全員)です。

基礎能力試験は知能試験27問(文章理解11・判断推理8・数的処理5・資料解釈3)と知識試験13問(人文・社会・自然)の40問:200点

知能試験のウエイトがかなり大きくなっているような感じがします。比較的試験対策はしやすいといえます。

一般論文試験と専門記述試験は、専門分野(技術)および現代の社会問題(行政)などが大問1問が出題:100点

専門試験は行政、電子、物理、土木、農学などに分かれます。行政は憲法・行政法、民法総則・物権、民法債権・親族相続、政治学、マクロ経済学、ミクロ経済学、財政学、経営学、国際関係、心理学、教育学、基礎英語、一般英語の中から8分野を選択、各5問の出題で40問を解答:400点

技術系の試験もそれぞれ指定された40問を解答:配点は同じ400点

面接試験:200点、これとは別に2次試験合格後に採用面接があり、これで最終採用者が決まります。

1次試験は6月の中旬、2次試験は7月下旬から8月上旬、最終面接が8月下旬、これでやっと採用です。長い道のりですね。

その長い道のりを突破するためには、どのようなことをしなければならないのか?

国家公務員一般職試験の攻略、それは浅く広く幅広い知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練を常時しておくことです。さらにそこから知識を広げ、可能な限りにおいて使える知識を増やすこと、それに尽きます。

もちろん面接対策も重要、絶対にしておきましょう。ただ過剰になって考えすぎ、在り来たりの答えしかできないということもあまり良くありません。学校での面接対策で勉強したことにプラスして、自分の考えを簡潔にまとめれば、採用担当者にあなたの気持ちが伝わると考えています。

少なくても10倍以上の難関試験を突破することは、並大抵の努力ではおそらく突破できません。

綿密な対策と地道な努力を積み上げてはじめて難関の扉が開くことになります。

さらに国家公務員一般職試験を独学で突破しようというのはなかなか難しいでしょう。やはり資格・公務員試験の専門の学校などを使って勉強することをオススメします。公務員試験2種合格者のおそらく90%以上、不合格者でも半数以上の方は、このような学校を利用して勉強を行っていると考えられます。ですので独学で勉強をするということは、公務員試験への合格を事実上放棄したに等しい状態ともいえます。

ただ国家公務員一般職試験に合格して、採用されれば、将来、各省庁で専門分野のスペシャリストになれます。本当に公務員になりたければ、これは頑張るしかありませんよね!

各省庁の幹部候補生として、行政の第一線で働いたり、研究所で高度な研究の補助員として活躍することが期待されています。

倒産・リストラの嵐が巻き起こっている民間企業に就職・就職活動する苦労を考えれば、国家公務員2種試験の難易度など大したことではありません。

といっても、「浅く広く基礎知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練&面接対策」って具体的にどうすれば良いのだろうか?

それは公務員試験に合格して内定を勝ち取った方の真似を徹底的にすることです。

ではどうやって公務員試験に合格して内定を勝ち取った方の真似をするか?

それは毎年多くの公務員合格者&内定者を輩出している学校で勉強することです。

多くの合格者・内定者を輩出している学校には、多くの受験情報と質の良い講師、そして、多くの合格者・内定者から合格するための受験ノウハウ・勉強法を持っていることが多く、そのノウハウを聞き出すことができます

そのような環境で学べることはかなり有利だと思いませんか?

現在の国家公務員一般職試験の合格者のほとんどは、合理的に公務員試験の学校を利用して、地道に勉強して合格・内定を勝ち取っています。

真面目に勉強していることを前提にすると、合格者と不合格者の差は、才能や能力の差ではありません。合格者と不合格者の差は、勉強環境や条件の差といえます!

書店でテキストや問題集を買ってきて勉強しただけでは苦しいでしょう。

独学では、「浅く広く基礎知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練&面接対策」をすることは不可能に近いでしょう。

合格するために必要な知識の範囲の確定および受験ノウハウは、学校に教えてもらい、自分は教えてもらった知識およびノウハウの習得に専念することです。

そうすれば、学校や仕事と両立しながら、国家公務員一般職試験に臨むことが可能になります。

難関を突破された方々は、学校(通学・通信)を合理的に利用して効率的に勉強されてきた方々です。

さらに公務員試験以外の資格なら、資格を取得しただけでは働けず、給料や報酬はもらえませんが、公務員試験に合格して内定を受け各省庁に配属されれば、やりがいのある仕事とそれなりの給料がもらえます。

なので、ここでの自己投資は、何百倍、何千倍にもなって返ってくるともいえるので、ケチらず自己投資しましょう!

では、毎年多くの公務員合格者を輩出している学校ってどこ?

毎年多くの公務員合格者を輩出している学校といえば、LEC東京リーガルマインド、早稲田セミナー、資格の大原、東京法律・公務員専門学校などです。

どの学校も大手資格学校として実績の高い学校ばかりです。

きっとあなたも知っている学校ばかりでしょう。

最終的には自分で各学校から詳しい資料を取り寄せて、無料のガイダンス情報等を入手して参加し、相性の良い、学校、講師、講座を決めることになります。

その中でも、私のおすすめの公務員学校(国家公務員一般職試験対策の学校)は、当サイトおすすめの講座は、「資格の大原」が自信をもって開講している講座が公務員試験・警察官・消防官対策コースをオススメします。

国家公務員試験は筆記試験重視なので、筆記試験に定評のある「資格の大原」が適しています。資格の大原をオススメします。

「資格の大原」は、公認会計士や税理士などの難関国家資格の受験指導で培った受験ノウハウを「地方上級、国家2種合格コース」にも惜しみなく投入してくれます。

資格の大原で徹底的に勉強すれば、地方上級や国家2種に合格することもさほど困難ではないでしょう。

国税専門官、地方上級、国家2種、税理士、どれも魅力的な職業・仕事なので、何になろうか?・・・贅沢な悩みをしてくださいね。「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣は、「資格の大原」の資料をご覧になれば分かります。

実際に私は「資格の大原」に足を運んで資料をじっくり読ませていただきました。詳しい資料には、受講コース、カリキュラム、面接対策、学習環境などの情報がそろっています。

無料の資料だからといって侮ってはいけません。国税専門官をはじめ、国家2種、地方上級試験などの公務員試験を目指すすべての受験生に見てもらいたい資料です。

私は実際に「資格の大原」へ足を運んで資料をもらってきましたが、以下(資格の大原HP)から簡単に資料をご請求できます。

その資格の大原の公務員一般職試験の資料は下記から請求することができます。

資料の請求方法は下記リンクをクリックします。すると大原の公務員講座のページに入ります。次に右上の資料を請求するをクリックします。そして氏名や住所・電話番号などを確認して送信していきます。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。

こちらから⇒公務員になるなら大原

「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣が資料をご覧になれば分かります。

「資格の大原」でしっかりと勉強すれば、必ずや国家公務員の扉を開くことが出来るでしょう。国家公務員試験は面接の配点が少ないので、地方公務員や民間よりも対策と努力で合格できる条件がそろっています。倍率はあっても、地に足つけた勉強をしてがんばってください。

最後までおよみいただきありがとうございました。
関連コンテンツ

鹿児島市 採用試験 難易度

鹿児島市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・土木・電機・建築・機械・化学・農業などの募集がありますが、いずれも4にしておきます。かなり厳しい試験になると思われます。 鹿児島市役所の所在・・・

熊本市 採用試験 難易度

熊本市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・福祉・土木・建築・電気・化学・心理は4、心理・保健師・消防は3にしておきます。ただ多くの職種は倍率が10近くあるようですので、決して安心はできません・・・

宮崎市 採用試験 難易度

宮崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・法律・土木・建築・電機・機械・化学は4、保健師・看護師は3となっています。そこそこの倍率のある試験が多く、簡単な試験とはいえません。 宮崎市役・・・

大分市 採用試験 難易度

大分市の大卒程度公務員採用試験の難易度は行政事務が4となっています。また土木や建築なども4、そして管理栄養士・獣医師・幼稚園教員・消防士・などは3にしておきます。行政事務の倍率はそうでもないのですが、・・・

財務専門官 難易度 

財務専門官の難易度は4にします。倍率が12倍程度となっていますので、初年度の倍率が20倍以上あったところから比較すると少し下がりましたので、多少は合格しやすくなりました。 財務専門官は財政や金融・・・

高知市 採用試験 難易度 

高知市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4です。大卒行政事務試験の難易度となっています。土木や建築・機械・電気・化学・労務・保健師・獣医師なども難易度は4となっています。 高知市役所の所在地は、・・・

福山市 採用試験 難易度

福山市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4です。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職や薬剤師試験の難易度も4、保健師は3にしておきます。 福山市役所の所在地は、広島県福山市東桜町3番5号・・・

倉敷市 採用試験 難易度

倉敷市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。 やはり倍率も高く、簡単な試験ではありません。その他土木・建築・電気・機械・化学・薬剤師・・・

尼崎市 採用試験 難易度

尼崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。 尼崎市役所の所在地は、兵庫県尼崎市東七松町1丁目23-1、東海道本線立花駅から徒歩10・・・

大津市の採用試験の難易度

大津市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。また警察事務や環境・化学・農業・林業・土木・建築職の採用試験などがありますが、そのいずれも内容・・・

津市の採用試験の難易度

津市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職・保健師・保育士・言語聴覚士も4となっています。倍率もそこそこあるので、けっこう厳しい試験・・・

岐阜市 採用試験 難易度

岐阜市の大卒程度公務員採用試験の難易度は4ということにしていきます。大卒の行政事務の難易度となっています。技術職は4、消防士や看護師、保育士は3にしておきます。 岐阜市役所の所在地は、岐阜市今沢・・・

浜松市 採用試験 難易度

浜松市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり5段階の評価の4です。 市役所職員の上級はすべて4ということにしておきます。消防職や保育士は3ということにしておきます。上級試験の難易度は高いですよ・・・

甲府市 採用試験の難易度

甲府市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり5段階の評価の4です。事務職も技術職も医療職もすべて上級・大卒程度は4です。 行政職や法律職などの文系の公務員試験上級は大半の地域で4と考えています・・・

長野市 採用試験 難易度

長野市の大卒程度公務員採用試験の難易度はやはり4というところです。事務職も技術職も医療職もすべて上級・大卒程度は4です。 4は4でも相対評価の4ですので、厳しいのではないかと思っています。公務員・・・

つくば市 採用試験 難易度

つくば市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価で、やはり事務系も技術系も4という程度でしょうか。 4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。公務員試験上級は大・・・

福井市 採用試験 難易度

福井市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系4という程度でしょうか。 4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。 福井市の採用試・・・

国税専門官 難易度

国税専門官 難易度 国税専門官の難易度は4です。国税専門官の難易度はほぼ国家2種の難易度と同じぐらいです。難易度を比較してみると、地方上級>国家2種=国税専門官という感じです。 近年、国税・・・

自衛官幹部候補生 難易度

自衛官幹部候補生の難易度はいったいどれくらいか? 自衛官幹部候補生の難易度は5段階評価のうちで4というところでしょう。 募集人数は一般男子陸で150名、海で70名、空で70名、一般女子の陸・・・