公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  おすすめ 公務員 > 国家公務員2種 難易度

国家公務員2種 難易度

国家公務員2種試験の難易度は4です。

細かく評価すれば、難易度4の下ぐらいでしょう。

国家公務員試験2種は国家公務員一般職試験に名称が変更しました。詳しくは国家公務員試験一般職試験の欄を参照してください。

この旧2種試験はもっともオーソドックスな公務員試験です。

ただ今までの難易度4の下ですが、今後は4の中ぐらいになるかも知れません。

現在の合格者は、ほとんど大学既卒者で、短期大学卒、専門学校卒、高校卒の受験生は厳しい状況です。

不況の影響から大学既卒者が国家2種試験に殺到したためです。

当サイトでは、「国家2種試験を短期で合格するための秘訣」を以下で解説しています。

「地方上級」とダブル合格することも十分可能です!


国家2種試験の内容は?

国家2種試験の内容自体はオーソドックスです。

第1次試験は教養試験と専門試験(多肢選択式)、専門試験(記述式)、専門試験(論文式)です。

第2次試験は、人物試験(個別面接試験)です。

最近の傾向は、知識より論理的思考力・文章構成力・表現力重視、ペーパー試験より人物重視の傾向です。ただ国家2・3種は筆記重視です

もっとも、基礎知識を疎かにしてはいけません。

知識レベルは「大学卒業程度」と言われていますが、はっきりとした基準ではないため、過去問をしっかり検討して、要求される知識レベルを研究することです。

国家2種試験の対策は、浅く広く基礎知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練を日ごろからしておくことです。

そして、しっかり面接対策もしておきましょう。

12倍以上の難関を突破することは、並大抵の努力では突破できません。

綿密な対策と地道な努力を積み上げてはじめて難関の扉が開くことになります。

「国家2種試験って大変だ!自分には無理かな?」と思ってしまわれたかも知れませんが、

国家2種に合格して、採用されれば、将来、各省庁で専門分野のスペシャリストになれるわけですから、頑張るしかありませんよね!

各省庁の中堅幹部候補生として、行政の第一線で働いたり、研究所で高度な研究の補助員として活躍することが期待されています。

一生やりがいのある仕事に就けるわけです!

倒産・リストラの嵐が巻き起こっている民間企業に就職・就職活動する苦労を考えれば、国家公務員2種試験の難易度など大したことではありません。

といっても、「浅く広く基礎知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練&面接対策」って具体的にどうすれば良いのだろうか?と思われることでしょう。




ズバリ!それは公務員試験に合格して内定を勝ち取った方の真似を徹底的にすることです。

国家公務員2種試験に合格し内定を勝ち取った方は、現時点において「国家が欲しい人材」です。

あなたも「国家が欲しい人材」になることが合格・内定の秘訣です。

では、具体的にどうやって公務員試験に合格して内定を勝ち取った方の真似をするか?

それは、毎年多くの公務員合格者&内定者を輩出している学校で、徹底的に学ぶことです。

毎年多くの合格者・内定者を輩出している学校には、多くの受験情報と質の良い講師、そして、多くの合格者・内定者から合格するための受験ノウハウ・勉強法を聞き出すことができます。

その環境で学べることは極めて有利だと思いませんか?

現在の国家2種合格者のほとんどは、合理的に公務員試験の学校を利用して、地道に勉強して合格・内定を勝ち取っています。

真面目に勉強していることを前提にすると、合格者と不合格者の差は、才能や能力の差ではありません。

合格者と不合格者の差は、勉強環境の差です!

書店でテキストや問題集を買ってきて勉強しただけでは苦しいでしょう。

独学では、「浅く広く基礎知識を身につけ、論理的思考力・文章構成力・表現力を磨く訓練&面接対策」をすることは不可能に近いでしょう。

タイム・イズ・マネーの時代です。

合格するために必要な知識の範囲の確定および受験ノウハウは、学校に教えてもらい、自分は、教えてもらった知識およびノウハウの習得に専念することです。

そうすれば、学校や仕事と両立しながら、国家2種試験に臨むことが可能になります。

難関を突破された方々は、学校(通学・通信)を合理的に利用して効率的に勉強されてきた方々です。

ちなみに、私の友人(慶応大学出身の女性)は、公務員の学校を合理的に利用し、国家1種試験に見事合格し、法律職に就いて現在活躍しています。

大学卒業前から学校に通い、1年浪人して見事国家1種法律職に合格しました。

公務員試験以外の資格なら、資格を取得しただけでは働けず、給料や報酬はもらえませんが、公務員試験に合格して内定を受け各省庁に配属されれば、やりがいのある仕事とそれなりの給料がもらえます。

なので、ここでの自己投資は、何百倍、何千倍にもなって返ってくるので、ケチらず自己投資しましょう!

では、毎年多くの公務員合格者を輩出している学校ってどこ?

毎年多くの公務員合格者を輩出している学校といえば、LEC東京リーガルマインド、早稲田セミナー、資格の大原、TACなど様々です。

どの学校も大手資格学校として実績の高い学校ばかりです。

きっとあなたも知っている学校ばかりでしょう。

最終的には自分で各学校から詳しい資料を取り寄せて、無料のガイダンス情報等を入手して参加し、相性の良い、学校、講師、講座を決めることになります。




ちなみに、私のおすすめの公務員学校(国家2種試験対策の学校)は、当サイトおすすめの講座は、「資格の大原が自信をもって開講している講座「地方上級、国家2種合格コース」です。

現にこの講座が多くの公務員の合格者輩出しています。地方上級、国家2種、すべてに合格した受講生も多くいます。

「資格の大原」は、公認会計士や税理士などの難関国家資格の受験指導で培った受験ノウハウを「地方上級、国家2種合格コース」にも惜しみなく投入してくれます。

資格の大原で徹底的に勉強すれば、地方上級や国家2種に合格することもさほど困難ではないでしょう。早いうちに着手すれば、税理士合格も十分可能でしょう。

国税専門官、地方上級、国家2種、税理士、どれも魅力的な職業・仕事なので、何になろうか?・・・贅沢な悩みをしてくださいね。「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣は、「資格の大原」の資料をご覧になれば分かります。

実際に私は「資格の大原」に足を運んで資料をじっくり読ませていただきました。詳しい資料には、多くの合格体験談、無料セミナーの案内、合格実数、様々な受講コースの案内、問題的中情報、合理的なテキスト・効率的カリキュラムの紹介など分厚い資料でした。

無料の資料だからといって侮ってはいけません。国税専門官をはじめ、国家2種、地方上級試験などの公務員試験を目指すすべての受験生に見てもらいたい資料です。

私は実際に「資格の大原」へ足を運んで資料をもらってきましたが、以下(資格の大原HP)から簡単に資料をご請求できます。

詳しい資料はこちらから⇒公務員2種【資格の大原】


「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣が資料をご覧になれば分かります。

資格の大原で合格した先輩方に続いて、今度はあなたが合格する番です。来年、あなたが合格体験談を資料で紹介される立場になりましょう。

詳しい資料はこちらから⇒公務員2種【資格の大原】

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

公務員人気は確実に高まっている

公務員試験の人気はますます高まっているようです。特に2008年のリーマンショックからますます公務員回帰現象が進んだということです。 今や学生の半数以上が就職の希望を公務員と考えているようです。た・・・

おすすめの公務員2010年

公務員になりたい方必見!おすすめ公務員2010年 2010年、雇用は一向に上がらず、有効求人倍率も0.47倍と過去最悪となっています。 おそらく、あなたがなりたい職業の有効求人倍率も1.0・・・

外務省専門職員 難易度

外務省専門職員採用試験の難易度は4です。 難易度を比較してみると、国税専門官=国家2種<地方上級<外務専門職員、国家2種より難しく、地方上級とほぼ同様か少し上のレベルだとお考えください。 ・・・