公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  おすすめ 公務員 > おすすめの公務員2010年

おすすめの公務員2010年

公務員になりたい方必見!おすすめ公務員2010年

2010年、雇用は一向に上がらず、有効求人倍率も0.47倍と過去最悪となっています。

おそらく、あなたがなりたい職業の有効求人倍率も1.00倍以下かと思います。

今年だけでなく、これからも雇用は良くならないと考えておいた方が良いでしょう。

そこで、2010年おすすめの公務員とは何かについてご紹介します。

2010年だけでなく、これからも必要とされる職業は、警察官や消防官のような地域・社会を守る職業です。

男子のみならず、女性にもおすすめできる職業です。

特に、女性消防官は、人気大卒公務員のひとつで高倍率です。

女性消防官は、主に、災害の予防指導・教育などで活躍が期待されています。

団体の規律が厳しい世界ですが、男女の給料格差もありませんし、今後なくなる職業でもありませんし、やりがいのある職業です。

GMや日航が破綻する時代に定年まで安定して働ける職業は、警察官や消防官などを含めてごくわずかではないでしょうか?

国家が財政難に陥って公務員減らしを実行しようとも、警察官や消防官を減らすわけにはいきません。

また、公認会計士、税理士などの難関国家試験を目指しても、合格できる可能性も低いですし、合格しても、それ相当の職場に就ける可能性も低いです。

2010年、なにがなんでも公務員になって定年まで働ける職業に就きたい!と強い意志のある方は、警察官と消防官という選択も残しておいて良いのではないでしょうか?

警察官・消防官採用試験対策

私が以前ご紹介した、警察官、消防官採用試験対策は、実績の高い予備校の講座を徹底利用して筆記試験を完璧にせよというものでした。

もちろん、身長や体重、視力、体力なども重要ですが、警察官、消防官を目指される方はある程度その点はクリアしていると思われますので、あえて詳しく書きません。

今後、警察官、消防官になりたい!という方は増えていくと思われますので、より一層筆記試験に力を入れないと合格できないと思います。

私が以前書いた警察官、消防官採用試験対策は少々過剰かな?と思われるほどでしたが、今後は当たり前になるかと思います。

2010年、警察官、消防官になって、安定生活をゲットしたい方は、私が以前ご紹介した採用試験対策をご覧ください。

万全の採用試験対策とは?

警察官採用試験対策

消防官採用試験対策

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

公務員人気は確実に高まっている

公務員試験の人気はますます高まっているようです。特に2008年のリーマンショックからますます公務員回帰現象が進んだということです。 今や学生の半数以上が就職の希望を公務員と考えているようです。た・・・

外務省専門職員 難易度

外務省専門職員採用試験の難易度は4です。 難易度を比較してみると、国税専門官=国家2種<地方上級<外務専門職員、国家2種より難しく、地方上級とほぼ同様か少し上のレベルだとお考えください。 ・・・

国家公務員2種 難易度

国家公務員2種試験の難易度は4です。 細かく評価すれば、難易度4の下ぐらいでしょう。 国家公務員試験2種は国家公務員一般職試験に名称が変更しました。詳しくは国家公務員試験一般職試験の欄を参・・・