公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  公務員試験コラム > 24年国家公務員試験の結果

24年国家公務員試験の結果

24年国家公務員試験のデータです。試験が終了しているものを紹介します。

国家公務員試験大卒総合職:1次試験申し込み20224、1次試験合格1873、2次試験合格1014、倍率19.944

国家公務員試験院卒総合職:1次試験申し込み3657、1次試験合格610、2次試験合格356、倍率10.272倍

国家公務員試験大卒一般職:1次試験申し込み39644、1次試験合格4451、2次試験合格、倍率

という感じです。大卒一般職の2次試験は終えていないんですね。総合職の合格者は1370名というところです。

いずれにしても高い倍率があります。この試験を独学で突破するというのはなかなか厳しいです。しかも公務員試験は試験の機会があまりないので、少ない受験回数で確実に合格する必要性があります。

ということで公務員試験の専門学校を利用すべきと考えます。公務員試験のノウハウをもっとも知っている学校に任せるのが、もっとも合格の可能性を高めると考えています。

その中でも、私のおすすめの公務員学校(国家公務員一般職試験対策の学校)は、当サイトおすすめは、資格の大原です。

多数の公務員の合格者を輩出しています。地方上級、国家2種、すべてに合格した受講生も多くいます。

難関資格に合格したノウハウを、公務員試験にも採用しています。

資格の大原で徹底的に勉強すれば、地方上級や国家2種に合格することもさほど困難ではないでしょう。

国税専門官、地方上級、国家2種、税理士、どれも魅力的な職業・仕事なので、何になろうか?・・・贅沢な悩みをしてくださいね。「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣は、「資格の大原」の資料をご覧になれば分かります。

実際に私は「資格の大原」に足を運んで資料をじっくり読ませていただきました。詳しい資料には、受講コース、カリキュラム、面接対策、学習環境などの情報がそろっています。

無料の資料だからといって侮ってはいけません。国税専門官をはじめ、国家2種、地方上級試験などの公務員試験を目指すすべての受験生に見てもらいたい資料です。

私は実際に「資格の大原」へ足を運んで資料をもらってきましたが、以下(資格の大原HP)から簡単に資料をご請求できます。

公務員2種となっていますが、リンク先の詳細は一般職試験の情報になっていますので安心です。ただ試験内容や出題形式に大幅に変化があるとは思えません。あまり過剰にならないことが重要です。

リンクをクリックすると、左サイドバーのオススメのところの公務員をクリック、あとは2012年コースの中から、あなたの希望のコースを選び、氏名や住所、携帯、メルアドなどを記載すると、後日資料が届きます。

12年のみならず13年合格希望の方にも対応していますので、13年に合格したいという方にもおすすめします。

その資格の大原の公務員一般職試験の資料は下記から請求することができます。

資格の大原公務員講座

詳しい資料はこちらから⇒公務員【資格の大原】

「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣が資料をご覧になれば分かります。

「資格の大原」でしっかりと勉強すれば、必ずや国家公務員の扉を開くことが出来るでしょう。

国家公務員試験は面接の配点が少ないので、地方公務員や民間よりも対策と努力で合格できる条件がそろっています。何とか試験を切り抜けて、公務員として活躍してください。

最後までおよみいただきありがとうございました。
関連コンテンツ

公務員試験の季節になりました

5月になると国家公務員試験・地方公務員試験が近くなってきました。公務員試験を目指して勉強をしている現役の大学4年生の方及び既卒の方にとっては第2のセンター試験、いやそれ以上に大事な試験になるかもしれま・・・

2013年の公務員採用試験の結果

2013年度の公務員試験の採用結果です。大学院卒総合職でだいたい3299-471で7倍程度、学卒総合職で18949-1282で15倍程度となっています。大卒一般職は35840-6017と6倍程度とけっ・・・

独学で公務員試験に合格できるか?

独学で公務員試験に合格できますか? という質問をされる方が非常に多いです。 「独学」とは、市販されているテキストや問題集だけで勉強されている受験生をいい、 通学講座のみならず、通信講・・・

公務員受験学校の選び方

公務員受験学校の選び方とは? 公務員受験向けの学校は、特に難易度の高い公務員試験の受験において、合格するためには不可欠の存在になりました。 学校を利用するメリットは、膨大な公務員試験の範囲・・・

来年(2010年)以降も公務員採用試験は簡単にならない

来年以降も公務員採用試験には簡単にならないといえます。さいたま市などの一部の自治体はそれなりの人員を採るらしいですが、国家も地方も採用は厳しいといえます。 さいたま市だけは、今年も130名前後採・・・

難易度4の公務員が多い理由

難易度4の公務員が多い理由 当サイトの難易度評価の仕方は、これから公務員試験を全くのゼロからはじめた場合の難易度を言います。 資格試験や検定試験などとも対比しています。 大不況の最中・・・

合格おめでとうございます!

公務員採用試験の合格発表が出ました。 概ね倍率は上がっています。 申込者数は、国家2種が39940人で対前年で4394人増 国税専門官が16833人、対前年で388人増、 労働・・・

茨城県 採用試験 難易度

茨城県の職員採用試験の難易度は 茨城県の採用試験の難易度もやはり高いです。 茨城県の大卒程度採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務4、技術も4という程度でしょうか。 茨城県の採用・・・

市役所社員は被災地支援

市役所社員は被災地の支援を必死にしています。南三陸の町長は社員が多くなっている中で多様の市民の相談を受けています。 陸前高田の市長も避難所暮らしをしながら行政活動を行っています。また奥さんを亡く・・・

堺市 採用試験 難易度

堺市の採用試験の難易度はどんな感じか? 堺市の採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務系の難易度4、技術系の難易度3上というところでしょう。 堺市の採用試験の事務系は1次試験と2次試験、・・・

公務員試験 落ちたら

公務員試験は倍率が高いです。落ちたらどうしようということもよぎると思います。 たしかにその気持ちは分かります。ただ恣意的な面接とかもあるので、大学入試より波乱はあります。公務員という仕事はPC技術者・・・

国家公務員試験 倍率

2011年の公務員試験の倍率は以下の通りです。 2011年の国家公務員1種試験の申請者数は21200、1次試験合格者は2895、最終合格者数は1545、ただこれは採用者数ではありません。採用者数・・・

公務員人気は確実に高まっている

公務員試験の人気はますます高まっているようです。特に2008年のリーマンショックからますます公務員回帰現象が進んだということです。 今や学生の半数以上が就職の希望を公務員と考えているようです。た・・・

国家公務員1・2・3種は廃止へ

公務員2種【資格の大原】 国家公務員試験1・2・3種は廃止し、総合職と一般職および経験者採用試験に変更となります。現行試験は11年度まで、新試験は12年度から実施。 大学院卒業者は総合職の・・・

国家公務員2種 合格発表

2011年の国家公務員試験2種の合格発表がありました。 申込者数46450、合格者数4421、倍率10.5倍、採用予定数1875となっています。 2010年より応募者数がちょっと減って、合・・・

図書館司書 難易度

司書の難易度は1です。大学卒に講習を経れば取得できるので、特に難しいという訳ではありません。 司書は公共図書館で、資料の選択や分類、そして蔵書目録の作成や図書の貸し出し、読書の案内をする専門の職・・・

名古屋 公務員学校

名古屋市の周辺の公務員専門学校としてオススメなのが、資格の大原です。 資格の大原の名古屋校の講座は地方上級国家2種合格コースです。 コースでは地方公務員上級・国家公務員2種合格を目指すのに最適・・・

仙台 公務員学校

仙台周辺の公務員専門学校としてオススメなのが、資格の大原です。 資格の大原の仙台校の講座は地方上級国家2種合格コースです。 コースでは地方公務員上級・国家公務員2種合格を目指すのに最適なコース・・・

札幌 公務員学校

札幌周辺の公務員専門学校としてオススメしているのが、資格の大原です。 資格の大原の札幌校の講座は地方上級国家2種合格コースです。 コースでは地方公務員上級・国家公務員2種合格を目指すのに最適な・・・