公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  北海道・東北地方 > 仙台市 採用試験 難易度

仙台市 採用試験 難易度

仙台市 採用試験 難易度

仙台市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系は4下という程度の難易度でしょうか。

2008年度のデータですが、行政事務が倍率13倍程度、土木3倍程度、衛生10倍程度、建築5倍程度、電気20倍程度、化学6倍程度、機械7倍程度、造園5倍程度、心理12倍程度、薬剤師2倍程度です。

仙台市の場合も行政事務が13倍以上あるので、倍率的にはやはり厳しいです。

ただこのところの傾向として50名前後の大型募集が続いています。ちなみに13年は60名近くあります。

仙台市の採用試験は1次試験と2次試験とに分かれています。

1次試験は教養試験と専門試験とがあります。

仙台市の採用試験は事実上1次試験勝負です。

行政事務に関しては1次試験が7-8倍まで絞られてしまいます


教養試験は知識試験と知能試験とに分かれて、専門試験とがあります。択一試験がメインになります。

2次試験で論文試験と面接試験とがあります。

実は公務員試験は面接試験、2次試験重視の自治体が多いのですが、仙台市の2次試験はは逆で1.5倍から2倍程度です。ここからもどちらかといえば1次試験重視といえますね。

最終試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。

なので、貪欲に1点でも多く筆記試験で得点してください。

筆記は7割5分程度点数が行けば、基本的にはだれでも合格できるはずなので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

国語や社会、英語などの文系科目でミスをしないことが肝要です。

理系科目や数的処理はどこまでしのげるかがカギでしょう。

面接試験は上の人の好みやタイプとかも入りますので、筆記試験に比べれば間違いなく対策は難しいです。でも対策もありといえます。

どちらかといえば公務員試験も筆記より面接重視ですので、ここをしないと公務員にはなれないでしょう。

個人的には働いている先輩、特に大学の先輩などは一番いいのではないでしょうか。

コンタクトをとるなり、また公務員専門学校などが近くにいる方は、そちらからも情報を仕入れてみてもいいでしょう。

データ的には途中で公務員を断念する人も、応募者の中から何割かいるようですので、実質倍率は上記の4分の3程度といえますので、数値よりはチャンスは増えると思います。

とはいえ公務員試験は1,2回勝負ですし、合格しても絶対に採用されるとは断言できません。でも今の景気や就職状況を考えていけば、文系大卒の人にとって公務員という職業の選択肢は絶対に外せませんね。

悔いのない選択をしないためにも、最善を尽くしてください。

応募年齢は一応21歳から28歳まで可能です。

仙台市は新卒と既卒のデータも公表されていて、新卒の人と既卒の人の合格割合はだいたい半々になっています。

割と既卒者を優遇しています。ここからも1次試験重視、点数重視の傾向が出ていると考えられます。既卒とはいっても24歳程度まででしょう。

なお、院卒は既卒扱いになっています。大学4年生のみが新卒扱いになっています。

あと、仙台市はこのような傾向からも縁故採用、隠れ縁故採用(一応試験は実施していますが、事実上の採用者を決めておき、事後的に他人向けに試験を行う形式の方法、過去の大分県の教員採用試験などはここに入ります。)とかの採用試験は行っていないと考えています。

仙台市なので、できれば宮城県出身もしくは仙台市の大学に在学していることが条件になるでしょうか。市の採用試験の条件は原則同一県内出身と言われています。

最低でも在学など仙台にゆかりのある人に採用試験を受けてほしいという地方自治体の気持ちもすごく理解できます。

仙台に帰りたい方はぜひ仙台市の職員採用試験も考えてみてはいかがでしょうか?

また公務員に入るチャンスを増やすためにも、仙台市職員などの地方と国家は併願をしておくといいと思います。

どちらも行政事務職で似た仕事をするのであれば、採用できる窓口を増やしておいた方がいいと思います。

ではどのような試験対策を選ぶか。独学ではこの高い倍率の試験を突破することはかなり厳しい気もします。

独学+模試だけでもどうかなといえますし、やはり公務員を真剣に目指すのであれば、公務員試験専門の学校の門を叩いた方が可能性は大きく上昇すると見ています。

では次にどの公務員専門学校を選ぶべきか。けっこう難しい問題になりそうです。

ハイレベルな学校も多く、いろいろ悩みましたが、その中でも「資格の大原」の公務員・警察官・消防官コースを紹介しておきます。

やはり大原には熱意があります。公務員試験などで、大原はすごく魅力を感じる学校といえます。合格実績に自信があります。その理由をいくつか説明していきます。

まず先生の熱意がすごくあります。講師自信があなたを合格に導きます。

2つ目は公務員試験の出題傾向を徹底的に分析し、あまり無理なく確実にステップアップできるオリジナルの教材を用意してあります。公認会計士などの難関資格の合格ノウハウを公務員試験にも埋め込んでいるハイレベルのテキストです。

3つ目は常に現役の公務員で働く公務員によるガイダンスなどの情報提供を常に行っていきます。公務員へのイメージを重ねられます。

そして4つ目は面接対策を徹底して行っていること、面接の配点の高い地方公務員試験にも応用できます。この面接対策はすごく重要ですよね。

仙台市の試験も筆記試験で大半の合格者を削ってしまいますので、まずは筆記試験対策を細かく行っている「資格の大原」をオススメしています。

資格の大原は、国家公務員・地方公務員・警察官・消防官など、様々な公務員試験に合格できるようになっていますので、警察官のみならず、他の公務員を目指す方にもオススメとなっています。国家公務員試験や東京都・政令指定都市などの受験をしたい方は、やはり資格の大原をオススメします。

この「資格の大原」公務員・警察官・消防官コースの資料請求は下記から行うことができます。資料には警察官の仕事・講座のカリキュラム・合格実績から見た大原の魅力・先輩の合格者の声・早期入学の特典・講師の紹介などがあります。公務員になりたいというあなたを本格的に応援していきます。

資料の請求方法は下記リンクをクリックします。すると大原の公務員講座のページに入ります。次に右上の資料を請求するをクリックします。そして氏名や住所・電話番号などを確認して送信していきます。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。

こちらから⇒公務員になるなら大原

面接対策も充実していますので、地方公務員を狙う方にもオススメしたいスクールです。厳しめのスクールといえますが、合格実績があります。合格したい・公務員になりたいというので、やはり魅力のあるスクールといえます。

公務員になり、安定した生活を手に入れ、休みには自分の趣味などに使える時間を増やせるといいですね。民間の事務職はなかなか入りにくいので、事務職ならやはり公務員といえます。公務員になり、あなたなりの夢を実現していただきたいと思っています。

最後までおよみいただいてありがとうございました。
関連コンテンツ

山形市 採用試験 難易度

山形市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系も技術系も4という程度でしょうか。 4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。 山形市の採用試・・・

いわき市 採用試験 難易度

いわき市の職員の採用試験の難易度は行政職が3、技術職は4程度かなと見ています。行政職の倍率が5.5倍程度ではないかと考えているので、4まではいきません。ただ 行政職の1次試験は教養試験と専門試験・・・

福島県 採用試験 難易度

福島県の採用試験の難易度はどんな感じか。 福島県の採用試験も厳しいです。難易度は5段階評価のうちで、事務4・技術も4下といえます。 福島県の採用試験は1、2次試験制度を採っています。 ・・・

北海道職員 採用試験 難易度

北海道職員採用試験 難易度 北海道職員の採用試験は激戦です。 やはり採用する人数が少ない。 全国でも1,2を争う財政ひっ迫の北海道なので、採用試験の少ないのも仕方ないですが、やはりそ・・・

山形県 採用試験 難易度

山形県の採用試験の難易度はどれくらいあるのか? 難易度低下どころか難化傾向です。4というところです。 山形県の採用試験は1、2次試験制度を採っています。 1次試験は教養試験と専門試験・・・

青森県 採用試験 難易度

青森県 採用試験 難易度 青森県の採用試験もかなり厳しいです。難易度は5段階評価のうちで、事務4・技術も4ということがいえます。 青森県の採用試験は1、2次試験制度を採っています。 ・・・

宮城県職員 採用試験 難易度

宮城県の大卒程度採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務系4、技術系も4という程度でしょう。 試験は1次、2次試験制を採っています。 1次試験は教養試験や専門試験の択一など、2次試験・・・

札幌 公務員学校

札幌周辺の公務員専門学校としてオススメしているのが、資格の大原です。 資格の大原の札幌校の講座は地方上級国家2種合格コースです。 コースでは地方公務員上級・国家公務員2種合格を目指すのに最適な・・・