公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  東京・神奈川 > 横浜市 職員採用試験 難易度

横浜市 職員採用試験 難易度

横浜市職員上級の採用試験の難易度はどれくらいか?

横浜市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務、技術ともに3という程度でしょうか。

このデータは去年のデータです。今年や来年はもっと難しくなることも考えられます。

試験は筆記、面接、適性検査、最終面接、身体検査などがあります。

1次試験は筆記、2次試験は筆記と面接と適性検査、3次は最終面接と身体検査などです。筆記試験は2人に1人程度通過しているので、まずそこで落ちないようにしましょう。

どちらかといえば公務員試験も筆記より面接重視です。

しかも国家より地方、それも県より市町村と小さくなる組織ほど面接が重要になります。働いている先輩とコンタクトをとるなり、都心の予備校などが近くにいる方は、そちらからも情報を仕入れてみてもいいでしょう。

公務員試験は1,2回勝負ですし、合格しても正直絶対に採用されるかは分かりません。

でも今の景気を考えれば、大卒特に文系の人にとって公務員という職業の選択肢は絶対に外せませんね。悔いのない選択をしないためにも、最善を尽くしてください。

応募年齢は一応22歳から30歳程度まで可能です。既卒になるときびしくなります。

通常枠で入るとしたら22,23,24歳くらいまで、できれば大学4年生の1回で決めたいですね。

また横浜市職員などの地方上級と国家2種は、公務員に入るチャンスを増やすためにも併願をしておくといいと思います。

どちらも行政事務職で似た仕事をするのであれば、採用できる窓口を増やしておいた方がいいと思います。

では、どうやって地方と国家を両方勉強していくか?

ズバリ!毎年多数の地方上級試験と国家一般職試験をダブル合格させている学校の講座で徹底的に勉強することです。

そうすることにより、国家対策は万全になり、地方上級試験の対策は、8〜9割以上終了します。

あと教養試験や専門試験などで出題される傾向の違い、また論文試験や集団討論などは、横浜市のことについての対策をすることにより、ダブル合格も見えてきます。

国家一般職の対策を万全にすることにより、地方上級試験の基礎をほとんど網羅できるので、さほど苦労せずに地方上級試験対策ができることでしょう。

難易度は、地方上級>国家ですが、基本となる対策はほとんど変わりません。

残念ながら地方上級試験も、独学で合格できる時代は、とっくの昔に終了しました。今や公務員専門学校などで行う時代になったといえます。

毎年多数の国家公務員試験と地方上級試験をダブル合格させている学校の講座とは?

当サイトおすすめの講座はその「資格の大原」が自信をもって開講している講座が「地方上級・国家一般職合格コース」です。

「資格の大原」は、公認会計士や税理士などの難関国家資格の受験指導で培った受験ノウハウを「公務員合格コース」にも惜しみなく投入してくれます。

国税専門官、地方上級、国家2種、税理士、どれも魅力的な職業・仕事なので、何になろうか?・・・贅沢な悩みをしてくださいね。「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

横浜市の公務員採用試験は1次試験と2次試験に筆記試験を置きますので、やはり筆記試験を重視しています。ということで筆記試験の合格に定評のある資格の大原をオススメします。

その秘訣は、「資格の大原」の資料をご覧になれば分かります。

大原公式HPから無料で請求することができます。

資料は下記から請求できます。リンクをクリックすると、大原の公務員講座のページに入ります。そこで真ん中やや右くらいに資料請求の欄が2つほどあります。どちらでも構いません。そこをクリックします。氏名や住所、メルアドなどを確認して送信してください。すると1週間程度であなたの手元に資料が届くはずです。

詳しい資料はこちらから⇒公務員になるなら大原

実際に私は「資格の大原」に足を運んで資料をじっくり読ませていただきました。詳しい資料には、多くの合格体験談、無料セミナーの案内、合格実数、様々な受講コースの案内、問題的中情報、合理的なテキスト・効率的カリキュラムの紹介など分厚い資料でした。

無料の資料だからといって侮ってはいけません。国税専門官をはじめ、国家2種、地方上級試験などの公務員試験を目指すすべての受験生に見てもらいたい資料です。

大原へ足を運んで資料をもらってきました。

以下(資格の大原HP)から簡単に資料をご請求できます。

その秘訣が資料をご覧になれば分かります。

「資格の大原」の資料をご覧になれば分かりますが、実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

公務員試験は1つ受かれば、数個採用される可能性のある試験なんです。筆記試験のパターン、面接試験のパターンが類似しているため、そこを分かった人は複数合格してしまうんです。

また幸運にも横浜市の倍率はそんなに高くありません。4割以上の方が筆記試験を通ることができます。大原で頑張って気持ちを切らさなければ、だれにでも合格のチャンスは残されています。

大原で合格した先輩方に続いて、今度はあなたが合格する番です。

合格者の最新合格体験談満載の詳しい資料は「大原公式HP」から無料で請求することができます。

こちらから⇒公務員【資格の大原】

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連コンテンツ

相模原市職員 採用試験 難易度

相模原市職員の採用試験の難易度はどんな感じか? 相模原市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系3上、技術系3という程度でしょうか。 行政事務が倍率12倍程度、福祉6倍程・・・

東京都庁 採用試験 難易度

東京都庁の採用試験の難易度はどうなのか? 東京都庁の採用試験の難易度も高いです。 東京都の大卒程度採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務4、技術4という程度でしょうか。 試験は1・・・

神奈川県職員採用試験 難易度

神奈川県の採用試験の難易度もやはり高いです。 一般に市職員試験より県職員試験の方が難しいと言われています。 もっとも、市職員の採用が極めて少ないため比較できないかもしれません。 神奈・・・

川崎市 採用試験 難易度

川崎市の大卒程度の採用試験の難易度はどの程度なのか? 川崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系3上という程度でしょうか。3は3でも相対評価の3であって、普通レベ・・・