公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ > 九州・沖縄地方

九州・沖縄地方

那覇市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政・土木・機械・消防・建築・保育ともに4にします。行政は20名前後合格できますが、倍率も高いです。その他の職種は2名から4名しか合格できませんので、やはり難・・・
福岡県職員採用試験 難易度 やはり福岡県庁の採用試験の難易度も、他の自治体同様かそれ以上に高いといえます。 福岡県の大卒程度上級採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務4、技術4という程・・・
沖縄県職員採用試験 難易度 沖縄県の採用試験もかなり厳しいです。難易度は5段階評価のうちで、事務4上・技術も4ということがいえます。 去年のデータです。行政事務が倍率23倍程度、心理27倍・・・
福岡市職員採用試験 難易度 福岡市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4上、技術系4という程度でしょうか。 福岡市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は筆・・・
鹿児島県の採用試験の難易度も高いです。 県職員試験は国家2種試験よりも難しいのではないでしょうか。 都市部の試験は採用人数が多いのでまだいいのですが、地方の採用試験は定員が少ないのでなお大・・・
長崎県の採用試験の難易度は高いです。 長崎県の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系5、技術系4という程度の難易度でしょうか。 試験は1次試験と2次試験があり、1次試験は・・・

カテゴリー「九州・沖縄地方」のトップへ↑