公務員 難易度のTOPに戻る
「公務員 難易度」トップ >  九州・沖縄地方 > 那覇市 採用試験 難易度

那覇市 採用試験 難易度

那覇市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政・土木・機械・消防・建築・保育ともに4にします。行政は20名前後合格できますが、倍率も高いです。その他の職種は2名から4名しか合格できませんので、やはり難易度は高めになります。よって難易度はすべての上級の職種で4に設定しました。

那覇市役所の所在地は、那覇市泉崎1丁目1番1号にあります。モノレールの県庁駅前からすぐです。

平成26年度の那覇市職員の採用試験の倍率は年によって異なりますが、倍率はかなり高くなります。

那覇市役所の採用試験の試験内容は、1次試験で教養試験と専門試験、保健師はさらに論文試験と口述試験まで含みます。2次試験で論文試験・口述試験・健康検査・実技試験などを行います。行われる試験の数はかなり多くなっています。

那覇市役所の平成26年試験の受験資格は、昭和60年度から平成4年度までに生まれた方が対象となっています。

公務員試験は大きく分けて3種類の試験構成になっています。教養試験や専門試験などの筆記試験はきちんとした勉強をすれば誰にでも合格の可能性があります。できれば公務員の学校などで、専門の試験対策をすることがもっともいいのかなという気がします。

ただ論文試験や面接試験・口述試験になってくると、採点者の評価が入りやすくなりますので割と厄介です。特に面接試験は自治体の性質や面接官の好みによってかなり判断が分かれてきます。この点では筆記試験よりも対策の面が多くなってきそうです。

市役所の採用試験は職員のカラーに合った方が採用される傾向が強いと思いますが、明るい方・逆境に強い方・周りと仲良く出来そうな方などといった協調性などは重視されるのではないかと見ています。基本的に民間企業の採用試験と大きく変わらないのですが、民間では体力と元気があり、営業とかの上手な方が重宝されますが、市役所では勉強が出来て事務処理を真面目にこなせる人、上司の言うことを素直に実行できる人などの条件がかかってきます。この点では民間と異なる人材を求めているともいえますね。

勉強のできる真面目な人もこつこつと仕事をする公務員には向いている感じがします。また那覇市では

公務員採用試験で不採用になりやすい人はどのような人か。左系の思想を持っている人でしょうか。労働問題を起こしそうな人、部外活動などを行う人も不採用になる可能性が高いです。あとは屁理屈を言いそうな人とかも危なそうです。公務員という組織になじめるかどうかを試す試験となっていますので、このような方たちの採用はお断りすると考えて良さそうです。

可能性がないことはないのですが、現実的には既卒組にチャンスがあるかといえば厳しいかなと見ています。最近は既卒の方でもチラホラと合格者が出ているようですが、基本的には公務員試験は現役で合格しなければならない試験といえます。倍率が高いですので、チャンスは大学4年次の1回しかないと思った方が良さそうです。

あとは受験戦略というか、どの地域を受けるのかというのも重要になってきます。

例外はありますが、国家や都庁などの都市部の採用試験は全般に筆記・適性検査を重視、地方や田舎に行くほど面接・口述試験を重視するというデータが出ています。

また小さい都市はまだまだ縁故採用が多いようですので、コネのない人は受験を控えた方がいいですね。問題はいろいろとありますが、実際はそのようになっていますので、そのような自治体は避けた方が良い感じがします。

ただ市町村の採用試験の場合は、一般の他人よりも、人事や幹部などが知っている方・つながりのある方を採用したいという気持ちも、人間心理として分からなくもないですね。

また市役所上級と国家公務員一般職は、公務員に入るチャンスを増やすためにも併願をしておきましょう。試験形式が似ているので、勉強もしやすいですし、少しでも可能性を広げることも重要なので、やはり併願をした方が良い感じがします。

ではどのような試験対策を選ぶか。独学ではこの高い倍率の試験を突破することはかなり厳しい気もします。

独学+模試だけでもどうかなといえますし、やはり公務員を真剣に目指すのであれば、公務員試験専門の学校の門を叩いた方が可能性は大きく上昇すると見ています。

では次にどの公務員専門学校を選ぶべきか。けっこう難しい問題になりそうです。

公務員のスクールはすばらしいところも多いのですが、「資格の大原」が自信をもって開講している講座が公務員試験・警察官・消防官対策コースをオススメします。東京アカデミーと迷いましたが、那覇市は筆記試験のウエイトがそれなりに高そうということで、資格の大原にしました。ちなみに東京アカデミーは面接試験に力を入れている学校といえます。

なぜ「資格の大原」なのか?大原の公務員講座は合格実績に自信がありますので、すごく魅力を感じるはずです。その理由をいくつか説明していきます。学校としての熱意を感じるところです。

まず先生の熱意がすごくあります。講師自信があなたを合格に導きます。

2つ目は公務員試験の出題傾向を徹底的に分析し、あまり無理なく確実にステップアップできるオリジナルの教材を用意してあります。公認会計士などの難関資格の合格ノウハウを公務員試験にも埋め込んでいるハイレベルのテキストです。

3つ目は常に現役の公務員で働く公務員によるガイダンスなどの情報提供を常に行っていきます。公務員へのイメージを重ねられます。

そして4つ目は面接対策を徹底して行っていること、面接の配点の高い地方公務員試験にも応用できます。この面接対策はすごく重要ですよね。

那覇市の試験は1次試験の倍率も2次試験の倍率も高い年が多そうで、激戦になりそうですので、すべての試験で気を抜くことはできません。受験者多・合格者少の厳しい試験になりそうです。

国家公務員・地方公務員・警察官・消防官など、様々な公務員試験に合格できるようになっていますので、国家公務員などの他の種類の公務員を目指す方にもオススメとなっています。

この「資格の大原」公務員合格コースの資料請求は下記から行うことができます。資料には公務員の仕事・講座のカリキュラム・合格実績から見た大原の魅力・先輩の合格者の声・早期入学の特典・講師の紹介などがあります。公務員になりたいというあなたを本格的に応援していきます。

資料の請求方法は下記リンクをクリックします。すると大原の公務員講座のページに入ります。次に右上の資料を請求するをクリックします。そして氏名や住所・電話番号などを確認して送信していきます。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。

詳しい資料はこちらから⇒公務員になるなら大原

実際に1つ、2つは当たり前で、5つ、6つの公務員試験を併願してすべて合格する受験生もいます。

その秘訣が資料をご覧になれば分かります。

大原で合格した先輩方に続いて、今度はあなたが合格する番です。来年、あなたが合格体験談を資料で紹介される立場になりましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました
関連コンテンツ

福岡県職員採用試験 難易度

福岡県職員採用試験 難易度 やはり福岡県庁の採用試験の難易度も、他の自治体同様かそれ以上に高いといえます。 福岡県の大卒程度上級採用試験の難易度は5段階評価のうちで、事務4、技術4という程・・・

沖縄県職員採用試験 難易度

沖縄県職員採用試験 難易度 沖縄県の採用試験もかなり厳しいです。難易度は5段階評価のうちで、事務4上・技術も4ということがいえます。 去年のデータです。行政事務が倍率23倍程度、心理27倍・・・

福岡市職員採用試験 難易度

福岡市職員採用試験 難易度 福岡市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4上、技術系4という程度でしょうか。 福岡市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は筆・・・

鹿児島県職員採用試験 難易度

鹿児島県の採用試験の難易度も高いです。 県職員試験は国家2種試験よりも難しいのではないでしょうか。 都市部の試験は採用人数が多いのでまだいいのですが、地方の採用試験は定員が少ないのでなお大・・・

長崎県職員採用試験 難易度

長崎県の採用試験の難易度は高いです。 長崎県の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系5、技術系4という程度の難易度でしょうか。 試験は1次試験と2次試験があり、1次試験は・・・